【2024年最新】楽天市場におけるジャンル別転換率(CVR)の平均は?具体的な改善施策も紹介

転換率(CVR)とは、ECサイトを訪れたユーザーのうち、実際に購入に至った割合を示す重要な指標です。

ECサイトを運営する上で、この指標は売上の最大化に直結するため、非常に重要な役割を果たします。

自社サイトのECでは平均1%と言われていますが、モールである楽天市場の平均転換率はどのくらいなのでしょうか。今回は、楽天市場の転換率の平均値と、転換率を上げるための具体的な施策について解説します。

楽天市場の転換率の平均値とは

2024年最新のデータでは、楽天市場全体の転換率の平均は3%前後と言われています。ただし、これはジャンルや季節によっても変動するため、あくまでも平均値に過ぎません。

ジャンルごとの転換率の例を挙げると以下の通りです。

ジャンル平均転換率  
ファッション2% 前後
家電3.5% 前後
インテリア1.7% 前後
家具0.8% 前後
日用品3.3% 前後
美容2.7% 前後
食品10%前後

特に食品ジャンルは楽天市場内でも根強い人気があり、リピート率が高いため、高い転換率を誇っています。家電や家具のジャンルは、商品の大きさや価格によって転換率にばらつきが見られます。

自社の商材が仕入れ商材であるか、競合の数によって行うべき対策は異なります。

転換率を上げる施策

では、転換率を上げるための具体的な施策を見ていきましょう。

転換率が低い商品にテコ入れ

まずはRMSのアクセス解析から、転換率順に並べ、どの商品が転換率が低いのかを把握しましょう。

その上で、低転換率の商品に対して具体的な改善策を講じることが重要です。

回遊率を高めるランディングページに改修する

回遊率が高い商品やランキング上位に入っている競合のページと比較し、自社に不足している項目を追加します。

競合が記載していないが、自社の商品にある強みがあれば、それを差別化として打ち出します。

成功事例(自社で転換率が高い実績がある商品やランキング上位の競合商品)を徹底的に分析し、改修を行うことが重要です。

商品画像を20枚設定する

スマホではスマホ用商品説明文まで見てくれる可能性が低いため、商品画像をできるだけ多く入れましょう。理想はマックス20枚まで入れることです。

ピックアップレビューやランキング受賞など、第三者からの商品に対する評価も入れることで信頼度がアップします。

関連商品の設置

店舗外にユーザーを逃がさないためにも、できるだけ精度の高い関連商品を設置しましょう。

例えば、日焼け止めを購入するユーザーには、別の日焼け止めはもちろん、日傘やUVカットパーカー、手袋など、同じ目的の商品を合わせて提案することで取りこぼしを防ぎ、クロスセルにもつなげることができます。

商品を選定する際には、その商品を欲しいと思ったユーザーの悩みや、求めるベネフィット等の心理を考えることが重要です。

RPP広告キーワードの精度を上げる

関連度が低いキーワードでのRPP広告経由の流入も少なくありません。

RPP広告のレポートや、データ分析内の楽天サーチから転換率の高いキーワード、低いキーワードを把握し、除外キーワードの設定や、設定キーワードの見直しを行いましょう。

FAQをしっかり設ける

ランディングページ内では表現しきれないユーザーの細かい疑問をFAQで解消し、購入を迷わせる要素を排除しましょう。

例えば、商品の使い方や効果、購入後のサポートに関する質問を掲載することで、信頼性を高めることができます。これにより、ユーザーが安心して購入に踏み切れるようになります。

SNSでファンになった状態でお店に来させる

以前のブログやウェビナーでもお伝えした通り、既に角度の高いお客様を引き込むことで転換率を大幅に上げることができます。

初見で衝動的に購入するお客様の数は10%以下であり、買う前にSNSやネットでリサーチする人は9割以上です。この数値からも分かるように、いかに事前に「購入を決めさせるか」が重要になります。

他にも決済方法を増やす、39ショップにする、あす楽を導入するなど、楽天が推奨している仕組みを導入することも大切です。

楽天店舗転換率アップ事例

以下は楽天市場で転換率が向上した事例と施策内容になります。

レディースファッションジャンルの転換率改善事例

ジャンル商品数平均客単価改善率
レディースファッション500商品以下8,000円1.4%→2.1%
  • 商品画像を20枚設置する
    商品の紹介はもちろん、ランキング入賞した物は出来るだけリアルタイムで商品画像に反映、レビューも最新のものを掲載するように仕組化。
  • 関連商品設置
  • SNS運用の強化
    カタログのようなイメージで様々な体型のモデルが着用した画像・動画を投稿。ストーリーズも活用し、ユーザーとの交流を深める。
  • RPP広告のキーワード精査
    ビッグワードでの流入が転換率を押し下げていたため、ある程度の数の除外キーワードを設定すると同時にサジェスト込みの低CPCのスモールワードを設定。

大型家電ジャンルの転換率改善事例

ジャンル商品数平均客単価改善率
家電30商品以下35,000円1.2%→2.7%
  • ランディングページ改修
    楽天内外問わず、競合との比較を徹底的に行い、静止画だけでなく動画(gif)を用いて商品を説明。
  • FAQの徹底
    商品単価が高いため、ユーザーの疑問の一切を払拭できるよう取りこぼしのないようFAQを設置。
  • SNS運用の強化
    主にライブ配信での質疑応答とリアルタイムで使用感を共有。

まとめ

転換率(CVR)は、ECサイトの成功を測るための重要な指標です。

楽天市場の転換率の平均値は3%前後ですが、ジャンルや季節によって変動します。転換率を向上させるためには、低い転換率の商品にテコ入れをし、ランディングページの改修や商品画像の充実、FAQの設置などを行うことが重要です。また、SNSを活用して事前に購入意欲を高めることも効果的です。これらの施策を実践し、転換率の向上を目指しましょう。

また、顧客満足度を高めるための施策も重要です。例えば、迅速な配送や丁寧なカスタマーサービスを提供することで、リピーターを増やすことができます。リピーターは新規顧客に比べて転換率が高いため、長期的な売上向上に繋がります。

楽天市場での成功は、一朝一夕には達成できません。しかし、今回紹介した施策を実行し、継続的に改善を行うことで、確実に転換率を向上させることができます。楽天市場での成功を目指して、ぜひこれらの施策を実践してみてください。

弊社ではアクセスから転換率改善、広告運用やSNS戦略企画、実装までトータルでEC運用のサポートを行っております。店舗様ごとの悩みにオリジナルでプランをご提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

    会社名
    ご担当者様 必須
    電話番号 必須
    メールアドレス 必須
    ご検討プランをお聞かせ下さい 必須
    運営されているサイト(店舗)があればご記載ください
    店舗URL1
    店舗URL2
    店舗URL3
    お問い合わせ内容をご記入ください

    お問い合わせ

    お困りの際はご相談ください。
    16時までは当日中にご連絡致します!

    お問い合わせはこちら