楽天SKUプロジェクトとは?レビューは?リスクと修正ポイント。ネクストエンジンは使える?

2023年4月以降にリリースされる予定の楽天SKUプロジェクト。

今回はSKUプロジェクトの概要、リスク、対応すべき事についてまとめました。

楽天SKUプロジェクトとは

SKU単位での商品登録・データ保持が可能になります。

検索における見つけやすさの改善や、一つの商品ページ内で入数や重さ違いなどの価格違いを表示できるようになり、今までサイズや量違いでカゴを分けていた物が統合可能となります。

SKUプロジェクトで出来るようになる事

  • 価格違いを1ページで並べて提案し回遊性が向上する。
  • 3軸以上のバリエーション設定が可能となる。
  • 楽天サーチ上で商品のバリエーションを表現出来るようになる。
  • SKU画像の活用・単価の表示(楽天サーチ上での商品の比較をより容易する。)

具体的な時期は?

移行時期・移行日は、店舗様のRMSや外部システムのご利用状況等を考慮し、2022年9月頃より順次、店舗毎に仮決定したものを通達しているとの事でした。

リリース時期参考例

例1
店舗運営にRMSのみを利用している場合(API/CSVの利用申し込みがない場合)、通達する移行時期は2023年4-5月


例2
ベンダー製品Aを利用しており、製品Aの移行可能時期が2023年7月の場合、通達する移行時期は2023年6-7月

SKU単位で設定できる主な項目

  • SKU管理番号 ※新規項目
  • 販売価格
  • 表示価格
  • 配送方法セット
  • 送料
  • 在庫数
  • SKU画像 ※現在の項目選択肢別在庫画像
  • カタログID
  • SKU倉庫指定 ※新規項目
  • 商品属性 ※新規項目

SKUプロジェクトでレビューはどうなる?

最も気がかりなのがレビュー。カゴを統合した場合、統合元以外のカゴのレビューはどうなるのでしょうか。

ご安心下さい。レビューは引き継がれます。

引継ぎ申請を行う事で、今後はSKUごとにレビューが表示され今までのレビューは全て引き継がれる模様です。

SKUプロジェクトによって従来と変更される事と対応すべき事

商品カゴの統合

手作業かCSVで統合を行います。

A,B,Cの商品をAに統合する場合、B,Cに対してSKU用の商品管理番号を付与する事で紐づけ・統合が完了します。

今までのカゴ・商品管理番号は削除しない限り重複してしまうので、倉庫格納(もしくは削除)をおすすめします。

タグID

タグIDもこのタイミングで従来の仕組から変更される予定です。

従来7桁の数字で入力いただいた「タグID」に代わって、「商品属性」をより直接的な実際の値で登録を行う仕様になります。

現状のリリース内容から分かる事は下記の通りです。

  • 色・サイズ・ブランドなどの商品の特性を表す情報は新たな入力方式が導入されます。
  • 販売方法や特定サービス向けのタグIDにつきましては、売り方に合わせた柔軟性の観点から引き続きタグIDの入力となります。

リスクと対策

考えられるリスクは、楽天リリース以外のシステムを使用しているケースです。特に在庫連動システムを導入している場合は事前にシステム運用会社に問い合わせを行う事をお勧め致します。

注意すべきケース

  • 在庫連動のシステムを使用している店舗様(ex.ネクストステージ
  • 楽天が関与していない独自のシステム(ex.GoQSystem、ECTOOL、にぎわいゾウさん

※楽天から出ているシステムは影響ないとの事でした(ex.コンパス
※弊社RASSYSTEMは2022年11月現在時点の情報では影響がないとされております。

現時点で分かっている楽天SKUプロジェクトについては以上となります。

あくまでも2022年11月現在の情報のため、新たな情報が分かり次第、内容をアップデートして参ります。

SKUプロジェクトについて不明点や不安点がある方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お困りの際はご相談ください。
16時までは当日中にご連絡致します!

悩みを解決する!