今すぐ使える!楽天でChatGPTを活用!7つのアイディアと方法│EC×ChatGPT

昨今話題になっているAI。その中でも火付け役となり、最も身近で手軽に使えるのがChatGPTです。AIを使うなんてエンジニアだけだと思っていませんか?

実は、楽天の店舗運営でも活用できるのです!

今回は今すぐ使えるChatGPTの楽天での活用方法を解説します。

ChatGPTとは?

ChatGPTは、OpenAIが開発した高度な自然言語処理モデルです。テキストベースの対話を通じて、さまざまな情報を提供したり、質問に答えたりすることができます。使いやすさと高い柔軟性が特徴で、ビジネスシーンでも幅広く活用されています。特にEC運営においては、効率的な作業支援ツールとして注目されています。

ChatGPTの使い方

  1. アクセス: ChatGPTにアクセスするためには、OpenAIの公式サイトにアクセスします。
  2. サインアップ/ログイン: 初めて利用する場合はアカウントを作成し、既存のユーザーはログインします。
  3. チャット開始: ログイン後、チャットボックスに質問や指示を入力することで、ChatGPTと対話を開始します。具体的な指示や質問を入力するだけで、必要な情報を得ることができます。

ChatGPTを効果的に使うためのコツ

ChatGPTは、指示の出し方(プロンプト)次第で回答が大きく変わることがあります。そのため、もし意図しない回答が得られた場合には、指示の内容や前提条件を工夫することで、より正確な回答を引き出すことができます。

具体的には、以下の点に注意すると良いでしょう:

  1. 明確な指示を与えること。
  2. 具体的な前提条件を付け加えること。
  3. 必要に応じて、追加の説明を提供すること。

これにより、ChatGPTから得られる情報の正確さが向上します。

ただし、1点注意が必要です。

ChatGPTは過去のデータを基に回答を生成しているため、必ずしも全ての回答が100%正しいとは限りません。提供された情報については、自分自身で確認し、必要に応じて追加の調査を行うことが重要です。

このように、ChatGPTを適切に活用することで、日常の業務や情報収集がより効率的になります。ぜひ、プロンプトの工夫を試してみてください。

ChatGPTを楽天店舗運用で活用しよう

1. ランディングページの構成制作

商品の説明に欠かせないLP。LPの構成は転換率に大きく関係します。

ChatGPTを活用すれば、商品の特長やターゲット市場に応じた構成案を瞬時に作成することが可能です。商品の特徴や、ターゲット層、顧客に伝えたい事をリストにしてChatGPTに伝えれば、商品のUSP(Unique Selling Proposition)を強調したコピーや、効果的なファーストビューの見せ方、全体の流れの提案をしてくれます。

ChatGPTが提案した物をベースに構成案をつめていく事で圧倒的に効率が上がります。

2. メールマガジンの作成

定期的なメールマガジンは、顧客との関係を強化するために欠かせません。

ChatGPTの活用で効果的なメルマガのコンテンツを迅速に作成できます。キャンペーン情報や新商品の紹介、意外と悩む季節の挨拶など、読者にとって価値のあるメルマガを手軽に作成する事が出来ます。

ランディングページ同様に要点を伝え、構成を作り、それに沿ったクリエイティブ制作をしましょう。

3. SEO対策/コンテンツマーケティング

楽天内外問わず、ECサイトへの集客手段としてコンテンツマーケティングがあります。

ChatGPTを用いてSEO対策を施した記事やSNSのポスト内容の制作が可能です。

商品の使用方法やお手入れ方法、業界のトレンド紹介やユーザーが悩みへのアプローチ等、お客様が興味を持つコンテンツを豊富に提供することで、サイトへのアクセスを増やすことが可能です。

4. 商品情報の文字起こし

商品の情報がPDFや写真形式で提供されている場合、手動でテキストに起こす作業は時間がかかります。

ChatGPTに画像(写真)を送れば、画像からテキストを自動で抽出し文字起こしが簡単にできます。これにより、大幅な時間短縮と効率化が図れます。

5. 顧客対応

お客様からの問い合わせ対応もChatGPTが強力にサポートします。問い合わせ内容を伝え、回答の要点だけまとめて箇条書きにすれば、顧客サポート用の文章にまとめてくれます。

迅速かつ丁寧な対応を実現し、顧客満足度を向上させることができます。

6. FAQの自動生成

店舗や商品の特徴をChatGPTに伝え、お客様が疑問に思うことをリストアップし、FAQとして自動生成する事が出来ます。これにより、店舗視点に偏らないFAQが作成でき、問い合わせの負担を軽減できます。

同時に、フラットな視点で疑問点をリスト化する事でランディングページの構成にも役立つ可能性もあります。

7. 顧客データの収集と分析

RMSのR-Datatoolから収集できるCSVファイルをChatGPTに渡し、ピックアップしたい項目を指定すると、データを整理して見やすいファイルに加工してくれます。これにより、データ分析が容易になり、マーケティング戦略の立案に役立てることができます。

商品ページ分析のcsv(yyyymmdd_yyyymmdd_item_list.csv)には項目が28列あります。

データが膨大にあると、見づらくて分かりにくい…

例えば年齢・性別・滞在時間といったデータだけを抽出し、LPO(ランディングページ最適化)の改善資料として整理する事もできます。

まとめ

ChatGPTは、楽天店舗運営において多岐にわたる業務をサポートしてくれる強力なツールです。

ランディングページの制作、メールマガジンの作成、コンテンツマーケティング、文字起こし、顧客対応、FAQの自動生成、顧客データの収集と分析など、さまざまな場面で活用できます。

これらの機能を駆使することで、業務効率を大幅に向上させ、顧客満足度を高めることが可能です。今すぐChatGPTを導入し、楽天店舗運営を一層効果的に進めていきましょう。

弊社では、AIを用いてお客様に最適な商品をPC・SP両デバイスで表示できる店舗運営ツールや、楽天のAPIを使用した独自ツールの開発も行っておりますので。お気軽にお声がけ下さい。

    会社名
    ご担当者様 必須
    電話番号 必須
    メールアドレス 必須
    ご検討プランをお聞かせ下さい 必須
    運営されているサイト(店舗)があればご記載ください
    店舗URL1
    店舗URL2
    店舗URL3
    お問い合わせ内容をご記入ください

    お問い合わせ

    お困りの際はご相談ください。
    16時までは当日中にご連絡致します!

    悩みを解決する!